1歳の誕生日

1歳のお誕生日を迎える赤ちゃんへ、そしてママとパパへ

生まれて初めてのお誕生日を迎える赤ちゃん、
そしてママ、パパとして1周年記念を迎えるおうちのかた、
本当におめでとうございます。

赤ちゃんの成長の早さに驚いたり、喜んだり、笑ったり・・・!
この1年できっといろんな感情を体験されたことと思います。

ママのおなかの中で大切に育てられた小さな命と対面した日から1年がたちましたね。

1歳 誕生日

おなかがすいておっぱいがほしかったり、パパの抱っこがほしくて体いっぱいで泣いていた赤ちゃんも、1年経つとニコニコと笑ったり、時には自己主張をしたり、ハイハイやあんよで思うがままに動いたり、この1年で心も体も劇的な成長を遂げたことでしょう。


この1年で赤ちゃんは少しだけ「子ども」っぽくなりましたね。


ママやパパも、ますます動きも活発になる赤ちゃんの成長の瞬間瞬間を心に留めながら、親子の時間を大切に、豊かに過ごしていただけたらと願っています。

これからもますます赤ちゃんとママ、パパが、笑顔あふれる毎日を過ごせますように。

親子1周年、本当におめでとうございます!

赤ちゃんの1歳の誕生日は、家族みんなで、楽しく過ごしましょう。

ステキな思い出づくりができるよう、当サイトをぜひご活用ください。

一升餅を背負って、ごちそうとケーキを食べて、最高の1日を過ごしましょう

1歳の誕生日は、やっぱり一升餅を背負って歩かせるというのが、定番みたいですね。

「丈夫な足になるように」
「一生食べ物に困らないように」

という願いが込められています。

いろんな地方でやっているようです。

我が家の娘もやりましたが、1歳ぐらいだとまだつかまり立ちで、重たそうな一升餅をお名前入りリュックの中に入れて、テーブルの周りをぐるぐる回っていました。

最初はよかったのですが、だんだん重たくなってきたのか、泣きながらつかまり立ちをしていました。

その時の笑顔も、泣き顔も、家族みんなの笑顔も、写真でパチリ。

最高の記念です。

一升餅が入っていた箱の中には、じぃじとばぁばからのメッセージカードが入っていました。

赤ちゃんはもちろん読めないけど、数年後に見せてあげようと思います。

そのあとは、みんなでごちそうを食べながら、この1年のできごとについて話をしました。

そして、最後に誕生日ケーキの登場!

大きな「1」という数字のローソクを飾りました。

ハッピーバースデーを合唱し、ローソクの灯を吹き消します。

赤ちゃんですから、ちゃんと吹き消せないので、親子でフーッ!

みんなで拍手!!

誕生日プレゼントもたくさんもらいました。

最高の1日でした。

ぜひみなさんも、一生の記念に残るビッグイベントにしてください。

そんなにお金をかける必要はありません。

気持ちを込めて、家族みんなで幸せに過ごしましょう。

1歳の誕生日おめでとう!

我が家に生まれてきてくれて、ありがとう!

よく読まれている記事ランキング

このページの先頭へ